明け方ブルー

言うなれば燻り系女子の雑記

【1/2】彼氏の女友達許せますか?

 

 

はーい。絶賛倦怠期でーす!

….と茶化してもいられないんです。

題名通り、またもや結論の出ない議題です。

 

「異性間の友情は成立するのか?」

 

 

一応、前記事→

yurerukareru.hatenablog.com

 

 

 

私の話からします。

過去の恋愛において、告白があってお付き合いがスタートしてからというもの「異性の友人と連絡を取らない・避ける」というのは暗黙の了解だったので悩んだことが今までなかったんですよ。 異性が遊ぶメンバーにいる場合は一言伺いを立てるなど、交際相手がいるけど、どうしても異性と交流をしたい!気持ちにならずに生きてきました。

 

…そもそも、私に異性の友人があまりいないというのもあると思います。ただSNS含め彼氏ができた場合は近況報告で発信するなど、友人を含めてそれが支障になったこともなく、別れた元カレとは円満に別れようが自然と疎遠になって、連絡すら取ってませんし取りようもないです。

 

では、彼氏さん側の話です。

彼氏さんと過去に交際した元カノは、みんな彼のお友達なんですよ。ほとんど、別れた理由が「友達に戻った方が楽しいね!」と。つまり彼氏・彼女の肩書きがなくなっただけであって、親密度はそのままなんです。私に言われて交際期間中、ほぼ交流を断とうとしてくれてはいたけれど、結果として私にバレて隠して…の繰り返し。私が話を聞く分だと、「りこさんのことが好きだから抑制はできたけど、発作的(苦しくなる)に話したいし遊びたいって思う」そうです。(性欲を抑えきれなかったじゃないんだから… )

 

ただ、今の彼の心情や意見については、「この程度の(当たり前の)ことを深く考えたことがなかった」と私とは真逆の視点から悩んでもらっている最中なので、問題提起編。

 

まず、交際をするまでに段階がありますよね。出会い、友人になり、そこから親密になって交際に発展する。「私とあなたも友達だったけど交際に発展したよね?」と、恋愛対象がお互いに異性であることを含めております。男と女として交流するところに抵抗があって、それ以前に彼の過去の浮気も尾を引いていたり…でも私も同棲やこれからのことを期待して過ごしていて、未練というか、できれば解決したいなと思っている。悶々。

 

▼かまちょ問題

相談女記事にも書いてますが、私には「暇つぶしで連絡をする」という選択肢がそもそもありません。だから私、

「あなたは…ファンが欲しいの?ちやほやされたいの?」

 と言って、それは極論だと困らせてしまいました。性別に関しても、同性の方が気が楽だからわざわざ異性と連絡とるって考え方がなくて。他にも折衷案がことごとくボツになってます↓

 

WAになって踊ろう作戦

要するに1対1が嫌だってことなら私も混ざれば?案。ただ彼の元カノフレンズ

●彼の愚痴に対して「よちよち」

●彼の呼び名が「〇ぅたん」

●夜中に電話「声聞きたくなっちゃって…」

などなど、彼氏さんは「向こうが勝手に呼んでるだけ」「ネタ」と言いますが、わたしにとってはそもそも彼氏・彼女持ちがいるにも関わらずに連絡できる図太さと、30手前にもなってこんな口調ができちゃう女の子たちとは仲良くなれません。

 

 ▽「私のこと好きでいてね!」作戦

もういっそのこと漫画「ハレ婚」条例よろしく、彼には女がいなきゃ死んじゃうんだなぁ、男をシェアする世の中だと、私が歩み寄る(折れる)作戦。彼が「それじゃ俺サイテーじゃん(笑)」と言ってくれたので終了。

 

 

 ここまでの言いぐさで伝わったと思いますが、わたしにとって彼の周りの異性交流が「疑似恋愛のおいしいとこどり」に見えるんですよね。

イチャイチャにしか見えないんですよ。醜いでしょう。心が狭く醜いでしょう。

 

環境さえ整えれば愛されるとは思っておりません。束縛しまくったとしてリスクは減らせても、いずれ恋に落ちてしまえば別れるのは覚悟してます。誰しもがNANAの京助みたいに信念を持ってるわけじゃないと思うし、私も淳子ほど惚れさせる要素としてはたりないんだと思います。

 

 

ハチ公と付き合っているにもかかわらず、幸子と浮気してしまった章二。

共感してもらえると思い、モテ男の友人の京介に聞き出そうとする。過去のことをモテ期と懐かしんだ上で、章二は

 

章二「じゃあモテたら浮気するんだな?」

京介「しねぇよ」

章二「なんで?淳子(彼女)が怖いから?(元ヤンだし)」

 

京介「…淳子を失うのが怖いから。」

 

 このセリフが言われたいだけの人生だった、と書いたところ、ちゃっかり

 

彼氏「りこさんを心配にさせるようなことしないよ。だってりこさんを失う方が怖いもの」

 

と言われてたけど、全然嬉しくなーーーい!!!!

 

yurerukareru.hatenablog.com

 

 

、