明け方ブルー

言うなれば燻り系女子の雑記

イキ、ツク

 

 

 心臓は動き続け、呼吸もしている、

 栄養もある、生命としては生きている。

 楽しいことを楽しいと感じられるし、

 美味しいものを美味しいと思える。

 ただ、眠ることができない。

 そんな夜に吐き出す戯れ言。

 

 

 

 一概に「働けなくなる」というのは

 休息を必要としているらしい。

 退職後の、人生休暇。

 娯楽に没頭しようが、

 運動してみようが、

 私に睡魔は訪れない。

 1日1ページの手帳の空白

 流れていく時間

 これが息つくことなのか。

 

 意味のあることが正義なら、

 私は意味のない悪である。

 ような。

 

 私に起こった齟齬と

 時間のズレ、ブランク

 空白の埋め方がわからない。

 

 私がうまく働かない

 動けない、のは不具合か

 その不具合に名前がついても

 私は受け入れられない。

 だろう。

 

 今日も、きっと明日も、

 私は空白のページに行き着く。

 

 

 

広告を非表示にする